• 飲食店専門のコンサルティング集団が教える【小さな飲食店の集客方法】
  • セミナー活動/実績
  • 飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致のプロフィール
  • 出版書籍
  • セミナーテキスト&CD
  • 接客態度改善ポスター
  • お支払い/送料

商品検索


商品カテゴリ

  • 出版書籍
  • セミナーテキスト&CD
  • 接客態度改善ポスター(繁盛店に共通する接客マニュアルとは?)
  • 飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問!
  • 購入者様の声 クライアント様の声
  • 会社概要
スタッフ紹介

TOP飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問! >新規客がなかなか増えません。立地的には悪くないと思うのですが・・・

飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問!

新規客がなかなか増えません。立地的には悪くないと思うのですが・・・

新規客がなかなか増えません。立地的には悪くないと思うのですが・・・

店がお客様に対して強烈な「印象」を与えない限り、
その店の存在すら知らないままになっている
ことも
意外と多いものですよ。

また、強烈な「印象」を与えてその力を存分に活用しないと、
その店に入ってみたいという動機づけもできないと考えてください。

とくに、店の入り口周りに強烈な「印象」を作らないと、
新規客の獲得はうまくいかない
と思って欲しいです。


入り口の「顔」づくりは、
新規客を呼び込むためにちょっとした心配りが必要です。

では、どんな入り口の「顔」を作ればいいと思いますか?
入り口に「顔」を作るコツは実は4つあるんです。

店頭の明るさは、新規客の不安感を消し去ってくれます。
少なくとも玄関、できれば店の間口全体を明るくすることができれば 新規客がどんどん入ってくれます。


店の看板は大きければ大きいほどよいですね。
大きな看板は、お客様にとって入りやすいという「印象」を与えてくれます。
つまり、看板を大きくするだけで、新規客は入りやすくなりますよ。

逆に、看板が小さいと、新規のお客様はその店の料金を高いと感じたり、
入りづらい「印象」を持ってしまいがちです。
大切なことですから注意してくださいね。


店頭周りを真横から見たとき、店から少し飛び出した
“アイ・キャッチ”を作るといいですね。

たとえば、店の玄関の上に看板をつくる時、
上の方は建物から50〜70cmほど前方に離し、
下の方は建物につけるように設置しましょう!

それによって、お客様の目に飛び込んでくる感じになります。
良いアイ・キャッチになりますよ。

店頭から前方に照明器具を設置するのも効果的ですね。
さらに、玄関前に暖簾をつけても立体感が生まれるので、
お客様の視線をつかむことができますよ。

ただし、暖簾は大きなものにすれば目立つのは確かですが、
逆に入りづらい印象にもなるので注意が必要です!
玄関のサイズの1/3ぐらいにしておきましょう。


新規のお客様に強い「印象」を残すには、
店名の分かりやすさも非常に大切な要素になります。

読みづらい漢字で店名をつける場合、
その店の横をお客様が通っても、
読めなければお客様の印象には残りません。

店名を見た瞬間、何らかのイメージが浮かぶなら、
お客様は「なじみ感」を持ってくれます。
それがお店の入りやすさを作ることになりますよ。



新規のお客様を増やすためには、これら4つのコツが基本になるわけです。
営業年数が長いほど、新規客も含めて、
多くのお客様が自店のことを知っていると考えがちになりますが、
それは違うと考えて欲しいのです。

自店の前に立って、入り口の「顔」がお客様にとってはっきりしているかどうか、
これらの4つのコツで是非チェックしてみてください!





出版書籍   セミナーテキスト&CD   接客態度改善ポスター
このページのTOPへ
ポートレートモード