• 飲食店専門のコンサルティング集団が教える【小さな飲食店の集客方法】
  • セミナー活動/実績
  • 飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致のプロフィール
  • 出版書籍
  • セミナーテキスト&CD
  • 接客態度改善ポスター
  • お支払い/送料

商品検索


商品カテゴリ

  • 出版書籍
  • セミナーテキスト&CD
  • 接客態度改善ポスター(繁盛店に共通する接客マニュアルとは?)
  • 飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問!
  • 購入者様の声 クライアント様の声
  • 会社概要
スタッフ紹介

TOP飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問! >繁盛店の何を真似れば売上があがりますか?

飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問!

繁盛店の何を真似れば売上があがりますか?

繁盛店の何を真似れば売上があがりますか?

例えば、10年ほど前によく似た店名で
品揃えも大差がないような焼き肉店やトンカツ店が
郊外に続々とできたことがあります。

当時、そういうお店は
月商が2000万円以上もあるというような噂がありました。
それを真似しようと、日本全国でも爆発的にお店ができたのです。

しかし、多くの店では、業績が不振で撤退してしまいました。
結局「モデル店」のうわべしかコピーしない店というのは、
うまくいかないようです。

それは売り上げが良くないときに、
どんな対策をとればいいのかわからないから
です。

繁盛店のコピー店では、結局、繁盛店の本質が
見えていないために中途半端な結果で終わってしまうようですね。


札幌にある喫茶店では、7〜8年ほど前、
喫茶からタルト&ケーキ専門店へと商売をかえました。

その結果、月商は600万円から2000万円を超える程となりました。
そして、現在は全7店舗、年商約8億円にまで成長しています。

その店の経営者は、成功のコツは「モデル商法だった」と言っています。
「モデル店」の成功の本質や原則を自店流にアレンジしたのですね。

「モデル店」から学んだ本質や原則は、次の3つだと言われました。


甘く鮮度の高いフルーツを使用したという

タルトは店内で毎日、鮮度や手作りをしていることが
お客様にわかるように実演販売をしたという

モデルとしたのは、東京の繁華街にある店だそうです。
当然、札幌とは価格の「値頃感」に差がありますよね。
札幌では東京価格で売ることは難しいため、
価格は札幌的な値付けをしました。

しかし、フルーツのボリュームを大切にして、
お客様が「お値打ち」を感じられる商品を提供しました。


このように、繁盛店の表面的な品揃えや店舗や
商品イメージをコピーするのではなく、
「繁盛店」の持つ「本質」と「原則」を徹底的に学んで
実践するのが「モデル商法」
です。

そして、それが現在の繁盛を継続させる源泉になっています。




出版書籍   セミナーテキスト&CD   接客態度改善ポスター
このページのTOPへ
ポートレートモード