• 飲食店専門のコンサルティング集団が教える【小さな飲食店の集客方法】
  • セミナー活動/実績
  • 飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致のプロフィール
  • 出版書籍
  • セミナーテキスト&CD
  • 接客態度改善ポスター
  • お支払い/送料

商品検索


商品カテゴリ

  • 出版書籍
  • セミナーテキスト&CD
  • 接客態度改善ポスター(繁盛店に共通する接客マニュアルとは?)
  • 飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問!
  • 購入者様の声 クライアント様の声
  • 会社概要
スタッフ紹介

TOP飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問! >先のことを考えたり、現場に経営方針を浸透させる時間がありません。

飲食業専門経営コンサルタント 高木雅致へ質問!

先のことを考えたり、現場に経営方針を浸透させる時間がありません。

先のことを考えたり、現場に経営方針を浸透させる時間がありません。

ある経営者は、現場に「考える時間」を作ることにしました。
非常に興味深い話なので、具体的な方法を聞いたのです。

すると、まず現場を3つのグループに分けたという。
店長、中堅社員、社員、パートとアルバイトの有志を3つにグループを分け、
グループごとに1泊2日の研修合宿を行うことにしたのです。

この研修合宿は、グループごとに年3〜4回行うことにしました。
だから、ほぼ毎月研修が開催されることになりました。

そして研修では、グループの中で4〜5人の少人数のチームを作ります。

そのチームごとで話し合いそれをまとめて
グループ全員に報告するという形式をとりました。

テーマは、自社の「経営理念」についてです。

「経営理念」の1項目ごとに、
自分は「経営理念」をどう理解していて、
どのような具体的な行動を起こすのか。

そして、何を実現しようとしているかについて、
チーム内で話し合うことにしました。

この会社では3年間、テーマを変えずに研修合宿を繰り返しています。

毎日現場で働いていると、
現実として「考える」時間はほとんどありません。

「経営理念」は会社の根幹となるものですが、
会議前に唱和する企業は多くあります。

ですが、幹部からアルバイト、パートまで含めて、
考える時間を持たせようという企業は少ないでしょう。


尺とり虫が、縮んだ分だけ前に伸びることができるように、
この会社の経営者は、考えた分だけ前に進めると考えたわけですね。

経営者自身もすべての研修に参加し、
必ず従業員の発表に対する自分自身の意見を語っています。

現場は毎日精一杯働いています。
しかし、それだけでは新しい挑戦も生まれないし、
同じことの繰り返しで、ルーティンワーク化してしまいがちです。

考えることに真剣に取り組まないと、
世の中の変化に対応できないと考えた方が良い
ようですね。




出版書籍   セミナーテキスト&CD   接客態度改善ポスター
このページのTOPへ
ポートレートモード